お知らせ
多様な薬

男性の場合、加齢や生活習慣の悪化、疲労やストレスの蓄積によって精力が減退し、勃起が十分に行えなくなる場合があります。
男性は肉体的な衰えがあっても性欲そのものが減退するわけではなく、比較的高齢となっても性欲は維持されていきます。
しかし男性の場合は男性器が勃起状態にならないと満足な射精を得られない構造となっているため、この勃起する能力の減退は男性にとって大きな問題になるのは間違いありません。
そこで巷に溢れる精力剤を検証し、どの商品が自分にとっていいものなのか選ぶ手段の一つとして下さい。

精力剤にはどんな種類がある?

精力剤は大きく分けると即効性が高い精力剤と、即効性のない精力サプリに大別されます。
この即効性のある精力剤は勃起の効果が得られるものと強壮剤としての効果があるものに分けられ、精力サプリとしては強壮剤があります。
この即効性がある精力剤で効果が一番高いのが勃起薬であり、次が強精剤、強壮剤という順番になります。
勃起薬は医薬品であり、市販されていて有名なのはバイアグラです。
この勃起薬は男性が何もしなくても陰茎にある海綿体の毛細血管の血流が増大され、性行為に可能な勃起状態とそれを持続することが可能となります。
しかし実際に女性に対して性的興奮を感じていなかったり精力そのものが減退していると、その効果は不完全となってしまう場合もあります。
強精剤は勃起薬よりも勃起する即効性という点では劣りますが、勃起を促す成分が配合されているので陰茎を勃起させることはできます。
この強精剤は加齢によって減少する男性ホルモンを補うために開発されたものであり、それと共に血行を促進させて勃起する能力や勃起した状態を維持するためにも使われています。
この男性ホルモンであるテストステロンは加齢によって減少していきます。
それに加えて運動不足や生活習慣の悪化、食生活の乱れという生活習慣病になるとその減退が加速されていくため、現代においては重大な問題となっています。
強壮剤は一定の勃起を促す成分を含んではいますが、医薬品に分類される成分は全く入っていないので、勃起薬や強精剤のような高い効果を期待するのは難しいと思われます。
医薬品ではないのでコンビニなどで簡単に入手できるという利点はあります。
手軽に入手できるためにその効果についても低いということは認識しておかなければ、無駄に高い商品を購入して効果がない場合もあります。

そもそもどうして精力が減退するの?

精力が減退する大きな原因は、加齢によって男性ホルモンであるテストステロンが減ってしまうからです。
この男性ホルモンは生殖機能そのものを司っているため、この男性ホルモンが少なくなると基本的な性欲というのが低くなっていきます。
この男性ホルモンは男性器の発達にも寄与しているため、この男性ホルモンが減退すると男性器の発達も阻害されるので精力減退に結びついてくるのです。
その他の大きな原因としては器質性EDになってしまうからです。
器質性EDは食生活や運動不足、加齢、性行為時における失敗などで心に受けた精神的なトラウマが原因となっていて、このEDによって勃起が満足に行えないために性欲が失われていくのです。
男性は性的な欲求と精力とは直結しておらず、いくら性的欲求が強いとしても精力がなくなっていたら性行為ができなくなり、性行為ができないために精力も減退するといった悪循環に陥ってしまいます。
そのために勃起が十分にできるかどうかというのは、男性にとってとても重要になってくるのです。
精力剤はそういった勃起が満足に出来ない男性に対して陰茎の海綿体の毛細血管に対して、強制的に血流を増やすことで勃起を起こしてくれるのです。
ただしその精力剤の効果は勃起を起こしやすくしているだけであり、精力そのものを増大させてくれる効果はありません。
この精力を増大させるには加齢による男性ホルモンの減少を抑えるために食生活を改善したり、生活習慣病を防止するための運動やストレスを取り払うことが重要となります。
これらの効果はEDになるのを抑制してくれるので満足のいく勃起状態を取り戻すことができ、それによって失われていった精力を再び増幅するのも不可能とは言えないでしょう。

市販の精力剤の特徴

市販されている精力剤は法律の規定により、医薬品としての成分は含んでいません。
医薬品としての成分を含んでいるからこそ即効性のある精力剤として満足できる勃起の状態を得られるのであって、この医薬品としての成分がない市販されている精力剤は性行為直前に服用しても気休め程度の位置づけとなっています。
最悪の場合、どんなに高価な市販されている精力剤を購入したとしても、肉体的には何の影響も与えないという事態が起きてもおかしくないのです。
しかし肉体的には勃起する機能そのものが失われておらず、ただ精力が減退しているだけと感じている男性には、市販されている精力剤で心理的な効果を与えてくれる可能性があります。
肉体的に満足のいく勃起ができているにも関わらず性欲もそれなりにあるのに精力が足りないと感じるのは、ストレスや疲労の蓄積といった要因が考えられます。
そういった精神的な原因を克服できるような別の要因として市販されている精力剤を服用したという精神的な安心感があれば、減退していた精力そのものを回復することも出来るかもしれません。
多くの人はコンビニなどで売られている市販された精力剤と、医薬品として販売されている精力剤との違いについて克明に知っている人は多くないと思います。
医薬品とそうでないものとの違いは即効性があるかないかという点です。
ですから性行為直前に市販されている精力剤を服用したとしても肉体的には影響を与えていません。
肉体に問題がなければ服用したことで何らかの効果があるという高揚感に繋がり、減退していた精力を取り戻すのは十分に可能となります。
ただ、市販されている精力剤の配合成分からして肉体的に大きな影響をあたえないというのが明白である以上、精神的な気の持ちようという程度で服用しなければ、過度に期待しても期待外れとなる場合が多いでしょう。

通販の精力剤の特徴

通販で精力剤を購入する場合には、その精力剤が医薬品として指定されているか確認することが重要になります。
通販では医薬品の精力剤も医薬品ではない精力剤も購入できますが、自分がどのような精力剤の効果を期待して購入するのか、よく考えて選択することが必要です。
通販で輸入代行業者の商品を購入すると、勃起を瞬時に引き起こしてくれる即効性の高い精力剤を入手できます。
この医薬品としての成分を含んだ精力剤ならば、EDによって満足のいく勃起が得られない男性にも高い確率で効果が得られます。
ただし注意すべきはこの医薬品としての成分を含んだ精力剤は肉体的な変化をもたらしてくれるだけであり、精力そのものは変化を与えません。
そしてこの精力が減退したままだと勃起の状態を維持するのが困難となり、十分に医薬品としての精力剤の効果を受けられないかもしれません。
そこで注意してもらいたいのは、この減退した精力そのものを回復させるために別の精力剤を同時に服用するということです。
どちらも単体ならば問題は発生しませんが、それを同時に服用すればどんな副作用が起きるか分かりません。
医薬品として製造されているものは多かれ少なかれ副作用があります。
当然に医薬品が配合された精力剤にも副作用があり、血流を自分の意思とは無関係に増幅するので、頭痛や体の火照りなどを発症する場合があります。
そしてこの血流を自分の意思で増幅していないところが問題であり、そんな状態で更に別の精力剤を服用すれば血流量が異常な範囲となり、最悪の場合は死に至ることもあります。
通販というのは医師による処方がないので気軽ではありますが、その使用は全て自己責任になります。
特に効果の高いものはリスクも高くなるという認識を持ち、安易な使用は出来る限り控えるべきだと思います。

記事一覧

体力や気力、精力が年齢と共に衰えること。これは男性としては坂を下っているといったところです。 そうな...

勃起はするから勃起不全いわゆるEDではないと思っている男性は多いようですが、勃起不全は全く勃起しない...

年齢を重ねる中で精力が衰えていくのは自然なこと、とはいえ最近では精神的ストレスや疲労・男性ホルモンの...

レビトラは3大ED治療薬の中では2番目に新しいED治療薬であり、即効性が高いことで知られています。 ...

考える男性

セックスをしたくてもいざというとき勃起できないのが悩みだったり、持続力がなくてすぐにペニスが縮んでし...

満足する男性

男性の中で精力について悩んでいらっしゃる方も少なくありません。 精力はいわば男性の象徴とも考える方も...

笑顔の男性

中高年や最近は若年層の男性にも広がっているのがEDです。 性交時に性的興奮があっても陰茎が思うように...

幸せなカップル

男性にとっては非常に大きな問題になりやすい「ペニスサイズ」は、基本的に大きい方が良いと考えられること...